« アメリカ政府の極秘UFO調査計画「プロジェクト・ブルーブック」に関する9つの事実について | トップページ | これぞおいらのフィニッシュホールドにゃ!MMAファイターとしての修行に励む猫たちについて »

2019年2月11日 (月)

重力ペンキ必要かな?外から見るとまるっと逆さま。ロシアにあるトリックアートの家、その中は?について


重力ペンキ必要かな?外から見るとまるっと逆さま。ロシアにあるトリックアートの家、その中は?

 ロシアの首都、モスクワには珍しいタイプの家がある。
 土台からまるごと逆さまになった家だ。絶妙なバランスで天地がひっくり返っているが、中に入ることもできる。
 さて中はどのようになっているのだろう?




フランス革命時代に流行っていた処刑装置「ギロチン」のアクセサリー(18世紀後半)

 ギロチンは、2本の柱の間に吊るした刃を落とし、柱の間に寝かせた罪人の首を切断する斬首刑の執行装置だ。
 フランスでは、フランス革命直後の恐怖政治時代にギロチンを使った処刑が始まり、1792年から1981年まで使用されていた。
 当時ギロチンは一種の流行となり、...



気になるニュース エピソードから見る素顔のあの人

« アメリカ政府の極秘UFO調査計画「プロジェクト・ブルーブック」に関する9つの事実について | トップページ | これぞおいらのフィニッシュホールドにゃ!MMAファイターとしての修行に励む猫たちについて »